鼻の黒ずみ対策で汚れをパックで開くのは?

毛穴の黒ずみは、お肌をケアしていると気になりますね。
特に鼻の黒ずみには、毛穴対策をして開いて汚れを取り、パックで
毛穴を引き締めたいです。

帯状毛穴や角栓などお肌の毛穴にまつわるトラブルはいろいろ
ありますが、鼻の毛穴の黒ずみはよくあるトラブルです。

今日はそのなかでも、角栓について調べてみたいです。

・角栓とは?
鼻のまわりなど、皮脂の分泌量の多い場所の毛穴に見られる
小さな突起を角栓と呼びます。

毛穴周辺で角質層が厚く角化していき、毛穴に角質が詰まった状態になりやすいです。
そのままに放っておくと皮脂が排出されずに留まってしまい、ニキビへと移行する可能性がありますので注意してください。

ニキビにならないときでも、詰まった皮脂が酸化されたりする場合もあります。
その他には、環境の汚れと混じり合ったりして毛穴の部分が黒ずみと化してしまうので、早急に毛穴対策のケアが必要になります。


・パックよりも脂取り紙を
実は毛穴パックは、あまりおすすめできません。
毛穴パックを使い続けている方で、毛穴の開きが気になって皮脂
や古い角質がたまりやすくなってしまい、黒ニキビや赤ニキビが鼻にできるという人は多いのです。

そんな人は、脂取り紙を適度に利用するのが良いでしょう。
ピンセットなどで、無理に取るのは肌をキズ付けてしまうので
注意しましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4142584

この記事へのトラックバック